図書を読めばよかった

写真「麒麟の翼初心者・劇場バージョン」を見た。日本橋の欄干にもたれるようにして倒れていらっしゃる当事者年男(中井貴一)。胸を刺された恋人の方法に白い折鶴がグループ。
そのちょっと後に近くで商売素材を受けた青年がその紳士の袋を持ってあり、パワフル嫌疑ヒトに。
未成年が派遣で働いていた仕事場です不運で商売を失うが、原則労災断定が繋がるべき不運を店舗は隠していた。その社長が死者であり、利益に困っていた未成年が恨みもあって殺したのだろうという方向で警官の捜査も進んでいたのだが・・・
阿部寛演じるフロアの加賀という刑事が問いを捉え、実相を探って出向くという話で、まず、こりゃ写真に始める必用もなかったような作品でTVドラマを大きな画面で見せられているような考えがもっとしていた。
写真系統に燃えるフロアも無く、セリフで説明してしまって掛かるようなフロアもあり、親身といえば親切なのだろうが、まどろっこしい対応限りがない。
新垣結衣が堅物な青年の亭主を好演していたが、あえて言えばと言う結果特にどうしてと言うことも無し。これは何しろ読み物を読めばそれで良いのだろうな。http://www.stephanietubbsjones.com/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク