手作りを長く楽しむ技能

小学生のそばからオリジナルにうだうだ挑戦してある。どうしても手芸を本格的にしたのは小学校6年生のステージ、毛糸でケープを編んだのがやっとでした。ママに教えてもらいながら鉤針編みで編んだ覚えがあります。大人になってからも試合編みやタッチングレース、パッチワークなど新鮮を楽しんできました。こつこつ少しずつ作って出来上がったときの水気は私の熱意の生まれです。長く積み重ねるコツは、無茶してやってしまおうという思わないことです。その代わり毎日、やっぱり第一歩列だけでも縫うことや編むことをすること、といったこちらは自分で決めていました。調子が出ないときはする機嫌にならず、置いたままになりがちですが、ずっと座る場所の近辺などただちに行える所に置いておいて、少しずつでも進めました。個々進めてトータルが出来上がった時代、大きな水気があります。一番大きな物はパッチワークの2.5帖食い分くらいのがたいのグッズです。一体全体やり切った野心が物凄くて、相当他の事が出来なくなったぐらいでした。次は何に挑戦しようかしら。バルクオム 評判

カテゴリー: 未分類 パーマリンク